教室に閉じ込められた狩猟採集民

古山です。

子どもは、工場と事務所の時代に投げ込まれた、狩猟採集民なのだ。
生きるための練習をしたくてしょうがない。それでよく遊ぶ。

学校にいるときの姿は、教室に閉じ込められた狩猟採集民なのだ。

そう理解したら、子どものやることが見えてきました。
このことを、学問的にも裏付けようと思って、狩猟採集時代の生活がどのような
ものであったかの本を取り寄せているところです。

昨日会っていたある男の子は、今は高校生ですが、自主保育育ちです。
学校に上がる前に、罠を仕掛けて、カラスを捕まえたそうです。みんなが「カラ
スは、賢いからつかまらないぞ」というので、じゃあ、捕ってやろうという気に
なったそうです。

その子は、中学で、なんにも勉強していなかった。授業の最初の5分で教科書を
読めばわかってしまう。あとは、先生に気がつかれずにマンガを読んだり、眠る
工夫をしています。テストをすれば、成績はすごくよかった。

親は「ただの偏差値秀才にしたくない」という方針でしたので、私が教えていま
した。実際にやっていたことは、勉強プレッシャーに負けないよう、いっしょに
遊び抜くことでした。ある程度の年齢になって、本気でおもしろい仕掛けを作ろ
うとすると、どうしても物理や化学、地理や歴史などの知識は必要になります。
そういうときに、教え込むのではなしに、大人の知識や技術を応用して見せ、と
きには使いこなせるように手ほどきしてやると、すごく尊敬してくれました。

いま、ユニークな高校に行って、ユニークな生活をしています。

その子が、待ち伏せをするのが大好きでした。門のかげ、通路の曲がり角などに
隠れて「わっ」とおどかしてきました。

こういう子は、机に向かわせ、勉強ばかりやらせていると、伸びないです。
この子が特別なのではなくて、子どもは、自分で考え、自分で工夫するのが大好
きです。

古山

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket