エッセー

ホームスクールでもよく育つ理由

古山です。

ホームスクールでも、こどもがよく育つ理由をまとめます。

われわれは、遺伝的には狩猟採集民族のままである。
人類は、狩猟採集の時代が約100万年
農耕牧畜の時代が約1万年
事務所と工場の時代が約100年である。

狩猟採集民族は、分かち合いが発達し、お互いが平等であるところがほとんど。
労働時間は少ない。

数十種の動物の生態・性質を熟知し、その捕まえ方に熟達している。
数百種の植物の性質を熟知し、どこにあるか、いつ実がなるか、どうやって食べ
られるようにするかを知っている。

道具を使いこなすが、その場その場の手近にあるもので道具を作ってしまうこと
が多い。

歌と踊りが上手。
伝承の物語がある。

われわれの子どもたちは、このような狩猟採集民の能力を、教えなくても発揮す
る。自然にやりたがる。それが、遊びの正体である。

教育は、子どもたちがもっている狩猟採集民の本能を十分に生かさないと、子ど
もたちに大きな負担をかける。子どもの遊びを生かした教育が求められる。

しかし、狩猟採集民にできないが、現代の我々が必要とする能力もある。それは、
記号を使いこなし、記号で考える能力。

記号を使いこなす能力には、ものすごく個人差がある。早いと4,5歳で勝手に
理解するようになり、遅いと11~12歳で成熟してくる。

そのため、学校の学力には、ものすごくバラツキが出てくる。

16,7歳くらいになると、記号を使いこなす教育でも、無理のないものになる。
それ以降の専門教育に接続することができる。

14、5歳までは、狩猟採集民の能力を生かして育てる。
電車の名前を覚えたり、ハーブを栽培したり集めたり、ピタゴラスイッチの仕掛
けを作ったり、そんなようなことを中心にする。本人がやりたがることを中心に
して、ちょっと助力してやると、人を信頼する人間が育つ。

教える必要のあるのは、最低限の読み書きと、初歩的な計算だけでいい。
ただし、できるだけ、実感でき、納得でき、気持ちのこもった形で教える。分量
と進度にはこだわらない。

そうすると、現代社会を自分の狩猟採集の場と心得て巧みに生き、人と協力する
ことができ、平和に生きることのできる子どもが育つ。

古山明男

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

教室に閉じ込められた狩猟採集民

古山です。

子どもは、工場と事務所の時代に投げ込まれた、狩猟採集民なのだ。
生きるための練習をしたくてしょうがない。それでよく遊ぶ。

学校にいるときの姿は、教室に閉じ込められた狩猟採集民なのだ。

そう理解したら、子どものやることが見えてきました。
このことを、学問的にも裏付けようと思って、狩猟採集時代の生活がどのような
ものであったかの本を取り寄せているところです。

昨日会っていたある男の子は、今は高校生ですが、自主保育育ちです。
学校に上がる前に、罠を仕掛けて、カラスを捕まえたそうです。みんなが「カラ
スは、賢いからつかまらないぞ」というので、じゃあ、捕ってやろうという気に
なったそうです。

その子は、中学で、なんにも勉強していなかった。授業の最初の5分で教科書を
読めばわかってしまう。あとは、先生に気がつかれずにマンガを読んだり、眠る
工夫をしています。テストをすれば、成績はすごくよかった。

親は「ただの偏差値秀才にしたくない」という方針でしたので、私が教えていま
した。実際にやっていたことは、勉強プレッシャーに負けないよう、いっしょに
遊び抜くことでした。ある程度の年齢になって、本気でおもしろい仕掛けを作ろ
うとすると、どうしても物理や化学、地理や歴史などの知識は必要になります。
そういうときに、教え込むのではなしに、大人の知識や技術を応用して見せ、と
きには使いこなせるように手ほどきしてやると、すごく尊敬してくれました。

いま、ユニークな高校に行って、ユニークな生活をしています。

その子が、待ち伏せをするのが大好きでした。門のかげ、通路の曲がり角などに
隠れて「わっ」とおどかしてきました。

こういう子は、机に向かわせ、勉強ばかりやらせていると、伸びないです。
この子が特別なのではなくて、子どもは、自分で考え、自分で工夫するのが大好
きです。

古山

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

子供は育つ

古山です。

 

子どもの遊びはどういう意味を持つのでしょうか。子どもはどういう遊びをした
がるのでしょうか。

子どもの遊びは、人類が狩猟採集の生活をするのに必要な能力が、自然に身につ
くようにしている仕組みなんだ、と気がついたら、子どもの遊びのことが「なる
ほど」とボロボロとわかってきました。

人類は、木から下りて、知恵と道具と協力によって、生き延びるようになりまし
た。それが400万年くらい前だと言われています。その400万年に間に、知恵を働
かせ、道具を使いこなし、協力する関係を作ることは、本能的にできるようにな
りました。大人がとりわけ教えなくても、子どもたちがおもしろがってやりたが
るようにできています。

大人がすることを見ていたり、手伝ったり、大人と遊んだりするうちに、必要な
能力が身につくようになっているのです。

典型的なのが言語の習得です。言葉を使う大人といっしょに暮らしていれば、言
葉を使いこなせるようになります。

判断力も、いろんな道具を使いこなせることも、協力関係を作り上げることも、
大人と生活しているだけで、できるようになります。
人類は、長らく、この自然学習システムで次世代を育ててきました。

それに比べて、農業時代の起源は約1万年前、工場や事務所で生きるようになっ
たのは、産業革命以来300年です。

狩猟採集の生活に遺伝的に適応している人間という生物に、退屈に耐え、勝手に
動かず、命令に服従せよ、ということを覚えさせなければならない。それが、現
在の学校の主たる任務です。「いま、給料をもらえる人間に育てる」ことに目が
いきすぎていて、人間の性質をよく知っているとは思えません。
学校のすべてが悪いとは思いませんが、現在の学校だったら、無理してまで行か
せる必要はありません。

賢く、器用に、愛を持って生きることだったら、学校に行かせなくても子どもは
育ちます。子どもと生活を共にし、子どもをかまっていればいいのです。

子どもの遊びの中には、ものすごい知恵が隠されています。

子どもはこんなことをしたがります。

状況判断、戦略を立てる
道具を作り、使いこなす
何がどうなっているかを知りたがる
住まいを作ろうとする
言葉に熟達する
気の合う協力できる仲間を作る
生き物を育てる

どれも、とてつもないことです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

子どもの自然な成長

古山です。

子どもの成長は、生まれつきどのようなプログラミングがされているのだろうか、
どこまでが文化的な影響なのだろうか、ということに関心があって、長年子ども
を見ています。

たぶん、生まれつきプログラミングされているのは、狩猟採集の生活ができるよ
うになることだと思います。

身体の機能を使いこなせるようになる。
追いかけっこをする。
たくらみをする。
生き物に関心を示す。
道具に興味を持ち、使いこなす。
道具を作る。
しくみを理解したがる。
感覚を研ぎ澄ます。

このようなことを、子どもはやりたがります。それは遊びと呼ばれています。遊
びは、生存に役立つことの自己訓練が、楽しくできるようになっているものだと
思います。

もう一つ社会性の領域がありますが、自然な社会性は、狩猟採集のチームを作っ
て活動するのが楽しくなるように、プログラムされているように思います。アウ
ンの呼吸で動ける楽しさです。

人類は400万年くらい前に登場したと言われていますが、これまでの大部分は狩
猟採集の生活をしています。遺伝子は、狩猟採集生活に合わせてできているのだ
と思います。

それに比べて、事務所や工場で働いて賃金をもらって生きていくようになったの
は、たかだか200年くらいです。そんな短期間で遺伝子的に適応できるはずがな
い。だから、事務所や工場の仕事はつまらない。子どもが面白がるはずがない。

それでも、それで食っていくしかないのだから、無理やり訓練するしかない。
それで生まれてきたのが、現在の学校教育だと思うのです。

子どもにすごく無理をさせていると思います。

学校教育を受けさせなくても、考えるし、工夫するし、社会性のある子どもたち
は育ちますよ。

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

子どもと関わる喜び

古山です

ご近所のある男の子に、ずっと勉強とも遊びともつかないことを教えています。

中学校で不登校になり、高校も続きませんでした。いま20歳になったところで
す。高校に行けなくなったころから、関わりました。

小さな爆発をさせる実験をしたりすると、そういう実験は好きなのだけれど、と
ても怖がります。おそらく、ハイパーセンシティブ(超敏感)な子だったのだと
思います。

その子にとっての学校は、怖さを自覚できないままの「怖い」だけで終わってし
まったのでした。

教科面は、かけ算九九も穴だらけの状態でした。社会性はというと、自己主張を
せず、いつでも笑顔を浮かべ、なんにでもうなずいて、生き延びてきたのでした。
中学でいじめられて不登校になりました。絶好のいじめターゲットにされたよう
です。

エンジンをいじったり、電気回路を作ったりするのは大好きな子だったので、そ
れでいっしょに付き合っていました。私も嫌いじゃありません。その子と一緒に
「こうしたらどうなるだろう」「じゃ、やってみようか」、といろんなものを作
りました。

算数も、遊ぶ合間に、少しずつ教えてきました。
いつのまにか、小学校のドリルを終えました。

目標があったほうが意欲を出す子と、目標があるとプレッシャーを感じて打ち込
めない子がいます。
この子の場合は、ちょっと「高卒認定というのがあるけど....」と言ったら、
とたんに尻込みしました。それで、目標なしでやっています。目の前のそれをや
るだけ。

その日は、中学の正負の数の計算をやっていました。
春もうららの日でした。

その子が、正負の計算をちゃんとやりました。

そのとき、幼児を見ている大人が「あれ、立ったよ」「おお、歩いた」と喜んで
いるのと同じ気持ちになりました。その子が何歳であるかは、まったくどうでも
よいことでした。

叱らずに褒めたほうが伸びる、というような打算の次元ではなくて、ただその子
のすることが嬉しかったのでした。
直感的に、この喜びは教育の本質にあるものだと感じました。

われわれは、学校で「そのくらいはできて当然。もっと先を見ろ」「ついていけ
なかったら大変だぞ」を深く刷り込まれています。それで、子どもが当たり前の
ことをできたときの感動がなくなっています。

実は、初歩的なことの中にこそ、人類の英知がこもっています。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

勝手にやらせて」モードと「かまってほしい」モード

古山です

子どもに「勝手にやらせて」モードのときと、「かまってほしい」モードのとき
があります。

幼児のときから、子どもは一人で何かをシコシコとやっていたかと思うと、とき
どき母親のところにやってきて、甘えたりグズったりおしゃべりしたりします。
この一人でシコシコやっているときが「勝手にやらせて」モードで、母親のとこ
ろにやってきて搦んでいるのが「かまってほしい」モードです。

この「勝手にやらせて」モードのときに、自主性が育っています。このときはア
ドバイスをしないことです。
「かまってほしい」モードのときに社会性が育っています。相手をしてやること
です。

子どもを観察していると、この二つのモードの間を行き来していることが、わか
ると思います。

この二つのモードに沿って対応していると、子どもと噛み合えている感じがしま
すし、労力は最小限ですみます。

「勝手にやらせて」のときにアドバイスされると、それが親切で的確なものであ
ったとしても、集中の流れがかき乱されるものです。子どもはブスッとしてそっ
ぽを向いたり、「うるさい」と嫌がったりします。そのときに「ああ、この子は
なんでも一人でやりたい子で、いっさい口出ししてはいけないのだ」と思いがち
ですが、そうではないのです。そのときはそうだ、というだけなのです。

「かまって」モードのときは、とにかく相手をしてほしい。こちらが忙しいとき
にかぎって、搦みついてくる。「この子は甘えん坊で、依存心が強くて」と見え
るものですが、これも、そのときはそうだ、というだけです。

学校に行っていますと、この二つのモードのリズムは、はっきりしていません。
しかし、ホームスクールの場合は、このリズムを中心に生活が組み立てられてい
きます。

よく「学校に行かないと社会性が育たない」と言われるのですが、そんなことは
ありません。学校が教えている社会性は、集団ルールを読み取って合わせること
ができるか、ということでして、浅いレベルです。何歳でも身につきます。

いわゆる「社会性がない」状態は、その子が不安と恐怖にとらわれていることを
示しています。学校に行ったから、行かないからという単純なことではありませ
ん。

深いレベルの社会性は、共感能力を基盤としています。そこから、すべての社会
性が発達してきます。それが育っているのが「かまって」モードのときです。こ
のとき、子どもに対して愛と親切をつくすのが、教育の真髄だと思います。

もちろん、日々の生活でいつも子どもときちんと向かいあうのは無理でして、出
来うるかぎり、ということですが。

学校の先生が、子どもの「かまってほしい」モードに、授業を通じてでも休み時
間でもいいから応えてくれているなら、それはいい学校だと思います。しかし学
校の先生方は職務の枠に縛られて、「~をちゃんとしたか、しないか」で子ども
を見ていることが多い。

ホームスクールの最大の長所は、子どもの「勝手にやらせて」モードを尊重でき
ることと、「かまってほしい」モードに対応できることだと思います。その両
モードの行き来を自然にやらせることができます。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

Think!Think シンクシンク

古山です。

これはよくできている、という思考力の教材があります。しかも無料です。

Think!Think シンクシンク
https://think2app.hanamarulab.com/

「『世界中の子どもたちに、質の高い教育を届ける』ことを目的として開発して
きました」というのはウソではないと思います。月額1600円だったものを、無料
で公開してきました。
ホームスクーラーにとっては、ほんとにありがたいです。

幼児から大人までハマれます。

1日10分までしかできない、というのが、なかなか奥ゆかしいです。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

生命あるもの

今日は晴れました。
すごい寒波も通り過ぎました。とにかく外を歩きたくなります。

散歩に出て、とある家のナンテンの葉を見たら、なんだか吸い込まれてしまいま
した。見ているだけで美しいし、葉っぱにさわってみたくなります。
子どものとき、いつもこういう気分で木や草に触れていたことを思い出しました。

たしかに、この生命ある世界に住んでいたことがあります。
子どもにとっては、すべては生命を持ったものです。でも、比較になる生命なき
ものを知らないから、それはただの当たり前にすぎません。

この生命ある世界と引き換えにしなければ、知識や技能も身に付けることができ
ないなんて、そんなのはおかしい。

子どもにとって、世界はキラキラしたものとして現れ、そのキラキラを追いかけ
ていれば子どもの背中に翼が生えてくるんです。

生命ある世界は、決して失われることはなくて、いつでもそこにあったし、いつ
でも見つけることができる。

知識や技能は点数のためではない、収入のためでもない、このキラキラしたもの
を地上のものとして生かすためにある。自分と他人を幸福にするためにある。
なんて言っていると、「~のために生きる」になってしまいそう。

そんなのめんどくさいですね。

いま、子どものときにやれなかった遊びを、おとなの知識と技能を持ってやるこ
とにものすごい喜びを感じています。
土に水をかけて浸食させ、自然みたいな山や谷を作ること。うまくいきそうなと
ころにきました。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

数式という悪魔

古山です。

「算数脳パズル250」をやりながら考えました。なんで、この本のようなパズル
なら遊びとしてできるのに、計算ドリルはつまらないのだろうか。

ふと思いつくことがあって、この本の中で数字がどのように使われているかを調
べました。すると、「3マス進む」とか「3ヵ所壁を壊せる」とかいうふうに、
すべて具体的な操作を表しています。
結果として足し算になるものとかけ算になるものが少しありましたが、それもパ
ズルになっています。

つまり 5-3 を計算せよ、というような数式は一つもないのです。

この数式が、前便で引用しました、シュタイナーの言う「小悪魔」なのです。
ここにある5という数、3という数になんの意味があるのですか。ただの抽象で
す。
それ自体がなんの意味ももっていなくて、生命を吸い取ってしまいます。

キビダンゴを5個もっていて、サルとキジとイヌに1個ずつあげたら、何個残っ
ているか、なら意味があります。

でも、

10-4=   11-7=
8-5=    13-6=
....

というようにひたすら数式が並んだドリルは、やらされてる感しかありません。。
みなさまが子どものとき、好きでしたか?

 

もし好きだったら、宿題を嫌がる子はいないだろう、「くもん」が続かない子は
いないだろうと思うのです。(好きな子も、いることはいるのですが)

並べられた数式は、多くの子どもにとって「決まりを正確に復唱せよ」という意
味しかもたないのです。
だから子どもはじきに飽きます。

もちろん、数式は、偉大なる人類の文化遺産です。ある年齢になれば無理なく使
えます。

何歳くらいで無理がなくなるかは、ものすごく個人差があります。かんたんな足
し算引き算程度の数式が無理なく入るのが、早くて5歳くらい、遅くて11、2
歳くらいです。この個人差を尊重してあげないと、重大な数学アレルギーになり
ます。

とにかく小学校低学年くらいでは数式だけが現れるとしっくりこない感じがする
のは、当たり前のことであり、それを子どものせいにすべきではありません。

 

計算式を出題されて答えを出すより、見えるものを数える、長さや重さを測る、
料理で材料を計量する、工作で長さを合わせる、というようなことのほうが、は
るかに深く数学をやっているのになあ、と思います。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

「算数脳パズル250」

古山です。

この教材はおすすめできる、というものがあります。

年始で親戚の家に行ったら、そこの小学3年生の子がおもしろがってやっていま
した。どれどれ、と私も買ってやってみました。自分でやってみないと、ほんと
うの善し悪しはわかりません。私が「え、これ、どういうこと?」と首をひねる
ようなところは、子どもだとまず確実につまづきます。

やってみたところ、これなら大丈夫です。

「算数脳パズル250」永岡書店

算数的なパズルの本です。

著者が「花まる学習会」の高濱政伸で、この人のセンスは信用できます。
この人の「なぞぺー」シリーズはなかなかいいのですが、なかには問題意図が分
かりにくいものもありました。それがこの本では改善されています。

「難しい」ものはありますが、何がなにやらチンプンカンプン、というものはあ
りません。解説も、大人向けの文章のものと、子ども向けのマンガの二つがつけ
てあり、親切です。この本の解説にまかせて大丈夫です。

量が多い本なので、難しいものに出会ったときに子どもが投げ出す心配がなきに
しもですが、そのときはしばらくしてから、またやればいいです。この本の半分
もやれば、大事な感覚は身につきます。

 

「10才までに遊んできたえる」というキャッチフレーズですが、10歳を過ぎてい
ても大丈夫です。楽しむ本です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket