【NEW】facebookはじめました。最新の活動報告はそちらで見ることができます。

暖かさ

古山です。

けさ目を覚まして、きょうの予定を思い出していました。

あれがある、これもある、と考えていたら、なんか心が機械みたいになってきて、
ゴトゴト動くだけになっていく。
あ、あ、ここに入ると、自分を命令して動かすだけになってしまう。

それで、考えるのをやめて「ねえ、いま流れているのはなに」と、今起こってい
るだけ感じている。

そうしたら、暖かさのようなものが流れてきました。
これがあれば、動ける。エネルギーが、ほわんとしたものになって、どこにでも
沁みとおっていく。

これなんだよね。これを見つけるのに何十年もかかってしまった。
なんて、それが自分のものだみたいに考えると、消えてしまうものです。
それは、生き物。
籠の中に入れようとすると、姿を消してしまう。でも、追いかけまわすのをやめ
ると、来てくれる。

いまの学校教育に欠けているのは、この暖かさなのだと思います。

頭のいい人たちが集まって、けっこうなカリキュラムを作り、学校運営のマニュ
アルを作ります。それを、現場におろします。
そうすると、学校は「しなければならないこと」でできた工場みたいになります。
先生も生徒も「しなければならないこと」だらけ。

それじゃあ、人間は動かない。だから、ご褒美や、罰や、辱しめを使って、動か
そうとする。

学校もそうなんだけど、多くの人の内面も、そうなってる。私もそうなってる。

そうなってるけど、そこでキッとなって「私を変えなければ」なんて決意したり
すると、あの暖かさは逃げて行ってしまう。

でも、暖かさは、自分より大きいの。ちゃんと来てくれるの。

という、朝でした。

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

古山明夫

目次
閉じる