エッセー

学校信仰は終わる

古山です。

学校には、いいところも、悪いところもあります。

しかし、これは学校が絶対に間違っていると思うことがあります。
学校が信仰の対象になっていて、学校なしでは人生が成り立たないように信じら
れていることです。
「来ないと人間がダメになる」
「将来食っていけないぞ」
とかいう脅しが蔓延しているのです。

全員がとは言いませんが、学校に行っているほうも、行かなくなっとときの恐ろ
しさで行っている。
授業がわからなくても、いじめられても、行き続けてる。

 

そんな教育機関がほかにありますか?
幼稚園が「うちに来ないと、人間がダメになります」
なんていいますか。
塾が、「うちにこないと落ちこぼれる」っていいますか?
大学が「うちに来れないヤツは、社会の落伍者だ」といいますか?

そんなことを言ったら、総スカンを食います。

学校に来ない子がいると、他の生徒たちが口をそろえたように言います。
「ずるい」

学校がほんとうにいいところだったら、そんなことを言いますか。学校が本当に
いいところだったら、「もったいない」と言うはずでしょう。ほんとうは、みん
な休みたいんです。

元は、制度構成が悪い。
学校就学を強制して、罰金までもうけた。内容がどんなに悪くても、それは不問
に付されるか、「善処いたします」で済まされる。
先生たちは公務員だから、「来なくていい」とは口が裂けても言えない。「個人
的には~だと思うのですが、...」と口を濁します。

でも先生たちは教育者だから、「法律だから」とは言えない。なんだかんだと教
育的理由をつけます。それが「学校に来ないと~になる」のオンパレードです。
データもない、実証性もない、脅しです。

公立学校は、どんな子でも来させなければならないから、脅しに訴えるしかなく
なっているんです。

そういう学校に、親の世代も、祖父母の世代もみんな行っているから、みんな学
校に行かないときの恐怖を植え付けられる。

 

カルトに特有の考え方があります。
落伍者、脱退者をものすごく避難するのです。
学校も脱落者を非難します。学校はカルトの一種に成り下がっているのではない
ですか。

そうじゃない、脱落者にいかに手を伸ばせるかが、教育というものでしょう。

 

学校に行く行かないは、恐怖からではなく、ちゃんと教育的見地から考えましょ
う。本人の意思も大事、親の意思も大事。

「学校に行かせないと」と心配してあれこれ言う、親戚、知人、ご近所は、刷り
込まれた恐怖にかられているだけです。

国際人権条約は、保護者が公立学校以外の教育機関を選ぶ自由を保障しています。

 

公立学校は選択肢の一つです。いろんな教育があり得ます。
成熟した社会では、それが当たり前になると思います。

今年2月に施行された「教育機会確保法」はうまく使えば、学校以外の教育を保
護することができます。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

子どもに教えると親子げんかになる理由 2

古山です。

家庭教育の特徴は、お互いに距離が近くて、感情のこもったやりとりをしている
ことです。それが悪いということではありません。人間のもっとも教育されなけ
ればならないところに、手が届くということでもあります。

 

親が子どもに教えて、学校と同じようにはいかないことに、「考えさせる」こと
があります。

学校用のテキストを利用しながら、発問をし、考えて答えを出させようとしてい
ると、うまくいかないことが多いのです。教室内ですと、子どもがたくさんいま
すから、誰かが考えついて何かをいいます。ところが、親子でやっていると、子
どもから何も出てこなくて、そこでストップしてしまうことが多いのです。

親子でやっているのだったら、自分で考案させようとせずに、親がどんどんやっ
て見せたほうがいい。
たとえば、繰り上がりのある足し算をやっているとしたら、繰り上がった数を小
さく書いておくのを「ここに書いておくと、忘れないでしょ」と言ってやってみ
せます。

子どもはすぐ忘れたり、大きな字で書いたりします。そのとき「あ、そこちゃん
と書いて」と言葉だけで注意しないほうがいい。「こうだよ」、とまたやってみ
せるのです。言葉だけで伝えようとしない、やってみせて真似させる。これが、
人に何かさせたいときの、基本です。

やっているうちに、子どもは、「ああ、そういうことか」と掴みますし、そこか
ら「じゃあ、こういうふうにしたらどう」と考えることも多いものです。

やってみせて真似させることは、職場で新人に仕事を教えるときにも、大事な基
本になります。言葉だけで指示していると、どういうことなのか、なかなか伝わ
りません。あとで「教えたのに! なにやってんのよ!」になります。

「さあ、そこでどうするんだったけね」は禁句です。プレッシャーをかけている
だけです。

古山

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

子どもに教えると親子げんかになる理由

古山です。

親が家庭で子どもに勉強を教えると、まあ、7割方は親子喧嘩で終わるものです。

それが相場ですから、親子喧嘩になったことのある方は、どうかご安心ください。
親子のことですから、そう後にまで持ち越すことはありません。
しょっちゅうブーブーキャーキャー言っているかと思うと、しんねりむっつりな
ついているのが親子というものです。

これにははっきりした理由があります。

親は、学校で教えられたやり方しか知りませんから、学校の教え方に近いやり方
で教えます。あれは、他人同士の、多人数相手のやり方です。それをそのまま、
親しい人間同士のマンツーマン対話に持ち込もうとすると、いろいろ不都合が出
てくるのです。

学校型ですと、できるだけ考えさせて、子どもに自分で答えを出させようとしま
す。
親が子どもに教えると親子喧嘩になってしまう理由、いくつかあるのですが、一
つずつ書きます。

子どもは、親に答えを誘導されるのが嫌いです。

教室で教師がやっているなら当たり前のこととして受け入れるのですが、家庭では嫌がります。
ちょっとでも親に誘導されている匂いがすると、子どもはたちまち、話題をそらしたり、他のこ
とをし始めたりするものです。

誘導するのを、夫婦の場合に置き換えると、わかりやすいと思います。

夫がなにやら情報を得たのか、誰かに吹き込まれたのか、「上手な皿の洗い方」
という本を買ってきた。「これを読んでおきなさい」と妻に渡す。

数日後、夫が台所に来て、洗い物をしているのを見ている。そして「あ、そのや
り方、ちょっとね。本に書いてあったろう」と言う。
妻は、イヤな感じがしてフテくされる。

夫「さ、そういうときは、次にどうするんだったっけね」
妻「知らないわよ」
夫「本は読んだんだろう」
妻 うなずく。(本当は読んでない)
夫「よおく考えてごらん。考えればわかるよ」
妻 いい加減頭にきて、洗う手を止める。
夫「僕が答えをいってもだめだ。きみが自分で考えないと」
妻、もう、やってられないという気になって、多少は、合わせてやる。

まあ、なんとかやり過ごした。
と思ったら、最後に夫が「はい、よくできました」と言った。これはもう、皿が
飛んだ。

ちょっと大げさに書きましたけど、まあ、こんなようなことです。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ホームスクールで何を教えるか

古山です。

ホームスクールで何を教えるか、って?

それは、幸せに生きるコツでしょう。
もちろん、何を教えたってかまわないのですが。

多くの人が、危険なジャングルの中で生き抜く時のような、サバイバルモードに
なっています。必死に頑張らないと生きていけない、って思い込んでいます。

これだけ平和な世の中なのに、まるで戦時中体制になって生きている人がたくさ
ん。そういう人たちは、「あれは良い、これはいけない」だらけで、条件反射を
繰り返していて、感じているひまがない。

学校は、組織ぐるみでまだ戦時中体制です。整列させて行進させて、成果を出す
のに必死にさせて...。すべての学校、すべてのクラスというわけではないけ
れど。
必死で頑張らせれば、それなりに成果は上がるのですが、人間の伸びしろを大量
消費しているんじゃないですか。

人間が一番力を出すのは、幸せな時なんだ。幸せな時は共感できるし、物事の中
に深く入り込めるから。

子どもは、かんたんに時を忘れて熱中できるようにできてます。子どもには学ぶ
ことがたくさんあるからでしょうね。

 

きょうは、秋の、それはそれは美しい一日。
コスモスの咲く季節だから、コスモスの花を探していました。コスモスの花は花
びらが8枚です。コスモスの花がいくつか写っている写真を見せて「花びらがぜ
んぶで何枚だ?」っていうのを作りたかったもので。

遊びです。「できなきゃならない」から算数を解放したい。きれいなだけの算数
を作りたい。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

生きる力と泣く力

 

古山です。

昨日のお遊び会も楽しかったですね。

子どもの生きる力を育てようとするとき、子どもが泣くことを肯定的に捉えるこ
とは、そこからすべてが始まると言っていいくらい大事なことだと思います。

柔道を初心者に教えるとき、まず受け身を教えます。投げられて床にたたきつけ
られたときの衝撃を和らげる方法です。まず受け身を覚えて、大けがを防ぎます。

子どもにとって、泣くことは、この受け身に相当します。苦痛、失望、挫折、な
どがあったとき、全身全霊でそれを受け止め、身体の力を使って押し流してしま
うのです。

泣いた後、子どもはケロリとして、遊びに出かけていきます。その姿を見ると、
泣くことがどんなにすごい力を持っているかがわかります。

昨日のお遊び会で、小さい子に何か起こって、親のところに来て泣く姿に2回出
くわしました。どのくらい泣いているだろうかと計ってみたら、30~40秒程
度でした。ほぼ1分くらいで、さっきあったことはすっかり忘れて、次の遊びに
熱中していました。

たった、数十秒のことなのです。それで、あんなにクリヤーになれる。

子どもが泣くと、大人は、なんとか泣き止ませようとしたり、何が原因か、誰が
悪いのか、何をアドバイスしたらいいのか、などと考えるものです。
そんな必要はありません。子どもにとって、心の整理をつけるためのプロセスが
進行しているだけです。ときには、対応が必要な場合もありますが、そのときは
子どもの泣き方が違います。

子どもが、泣くことによって生きる困難をくぐり抜けていく様子がわかると、生
きるエネルギーと調和するやりかたがわかってきます。

子どものことがわかると、自分のこともわかってきます。

自己認識は、言葉による反省ではなくて、自分の中でどのようなプロセスが働い
ているかを、直接に感じ取れることです。
これは、誰にとっても、一生をかけて発展させていく学びなのだと思います。

 

古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

能動的な行動のほうが脳が活性化

古山です。

池谷裕二という脳科学者が、自分の娘の4歳までの成長を書いた
「パパは脳研究者」という本があります。
その中に、おもしろい一節がありました。

 

以前、ネズミの脳の研究をしていて気づいたことがありました。ネズミのひげ
にものが触れたときの脳活動をはかると、同じものに触れる場合でも、自ら積極
的に触りに言ったときは、他者によって触れさせられたときに比べ、10倍くらい
強い脳反応を引き起こすのです。能動的に行動する方が、脳が強く活性化する。
そんな脳の原理を知っているだけに、ベビーカーに乗って受動的に動かされるよ
りも自分の足で歩いて移動したがる娘に、できるだけ欲望通りにさせています。

そもそも脳は、自ら決断して、積極的に行動することによって成長しますし、
人間にとって能動的に動いたときの快感は、受動的な行動よりもずっと強いもの
です。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一人一人の持っている歌、色、香り 3

古山です。

子どもは、一人一人の歌をもっています。生まれたときから持っています。

いい教育というのは、どんな教育方法であるかに関係なく、それぞれの子ども
の歌が流れ出ている教育がいい教育なのだと思います。

この歌というのは比喩的な意味です。でも、実際に子どもが歌を歌いながら何
かをやっていることが多いです。自然に踊っていることもあります。

子どもが、フンフン、ランラン、と鼻歌を歌いながら、なにか工作をやってい
るとか、身体を動かしているとか、そんな様子をみる喜びがあります。
これは、子どもが食べ物を「おいしい、おいしい」と言って食べているのを見
る喜びと同じです。

教えるというのは、一つ一つが「こんな面白いことがあるよ」「こんな美しい
ものがあるよ」というプレゼントであるべきだと思います。

いちばん楽しい教育は、大人と子どものサプライズ贈り物合戦です。

悲しい教育は、子どもが、間違えないように叱られないようにと、ツジツマを
合わせるのに精一杯になっていること。

わびしい教育は、子どもが人の言うことに焦点を合わせなくなり、馬耳東風に
なっていること。

古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一人一人の持っている歌、色、香り 2

古山です

何年か前のことです。

子育て関係のイベントに参加していました。

休憩時間になって椅子に座っていたとき、ふっとすごくいい気持ちになりました。
ありゃりゃ、なんだろう。見回すと、赤ちゃんを抱いたお母さんが、そばにで立
ち話をしていました。その人が立ち去ったら、いい気持ちが消えました。

「ひょっとしてあの赤ちゃんが」と思ったので、その赤ちゃんの近くに行ってみ
ました。そうしたら、いい気持ちになる。離れたみた。消える。

この赤ちゃんが放っているものなんだ。間違いない。

お母さんに声をかけてみました。
「いいお子さんですねえ。そばにいるだけで気持ちがいいです」
そうしたら、おかあさんが
「そうなんです!!」
「この子が生まれてから、幸せで幸せでたまらないんです」
とのことなのです。

「この子は、このまま大人になってくれれば、たくさんの人を幸せにできます
よ」ということを、お母さんと話していました。

こんなに波動の強い子はめったにいないのですが、赤ちゃんたちは、みんな美し
いものを放っています。子どもたちは、天国からやってくる、というのは本当だ
と思います。

女性で、過敏で弱々しくて、この人いったい世の中で生きていけるのかなあ、と
いう人がときどきいます。そういう人に子どもができると、強くなります。髪振
り乱して生きることができるようになります。
ホルモンバランスなどでも説明がつくのでしょうが、母親だけでなく父親でも、
子どもができてから、生きる力が強くなる人たちがいます。親としての自覚とか
稼がなければならないとかもあるのでしょうが、生まれてきた子どもたちが、生
きるエネルギーを親に供給していることがまずあるのだろうと思います。

 

赤ちゃんの、まだ天国に一部が残っているような感じは、やがて、自分の身体と
言葉を使いこなせるようになると、だんだん薄らいできます。
4歳くらいになると、動き回ったり、何かをいじったり、もう、子どもとしての
お仕事が忙しくなります。忙しくて、あんまり親のことをかまっていられなくな
る感じがします。

でも、この天国的なものが消えてしまうわけではなく、一生残っています。

一人一人が生まれつき持っている歌、色、香りのようなものがあります。

先日「かみさまとのやくそく 新編」を見ました。子どもに胎内記憶があるし、
前世記憶がある子どもたちもいる、というドキュメンタリー映画です。
子どもたちが口々に言うのは、「人の役に立つために生まれてきた」です。

人間は生まれつきは善なのだ、だから引き出すだけでよいのだとする性善説と、
人間は生まれつき悪なのだから厳しく育てなければならないという性悪説があり
ます。
私は、徹底した性善説です。だって、説などと言っている余地すらない、見てき
た子どもたちが実際にそうなんだもの。

古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一人一人の持っている歌、色、香り

古山です

散歩で近所を歩き回ると、キンモクセイの香りが漂う季節になりました。

生きる力に深く関係しているのは、戦う力や、稼ぐ力以上に、美しいものを感じ
取れる力だと思います。
美しいものが感じられれば、何があっても、折れないで生きることができるから。

美しいものの中でも最も美しいものを放つことのできるのは人間。
一人一人に生まれつきの、メロディーというか、色彩というか、愛の波動という
か、そうものがあります。赤ちゃんのそばにいって、心を澄ませていると、ひと
りひとりのものがほんのりと伝わってきます。赤ちゃんは、みんなこれを持って
地上に降りてくる。それを一生かけて発展させる。時には、心の奥でしまってお
くことしかできなかったりする。

自分のメロディーの守り方と発展のさせ方が、学びということなのだと思います。

もっとも醜いものを放つことができるのも人間です。
憎しみ、悪意、復讐、破壊に情熱を燃やすこともできます。

人間って、なにかしら、エネルギー過剰なのだと思う。

 

近所に幼稚園が二つあって、この季節は運動会の練習をやっています。

強い号令がかかり、笛がピーッと吹き鳴らされる。
子どもたちが一斉に動く。

子どもたちが「おゆうぎ、かけっこ、たのしいな」というような歌を歌っている。

子どもに結構なことを復唱させて、何が楽しいのか、私にはわからない。子ども
のイキイキしたものがまったく伝わってこない。

ああいう教育をしては、いけないと思うのです。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

泣く力

古山です。

先月父が死んで、葬儀一式終え、少しずつ遺品の片付けなどしています。

涙がいっぱいでました。

99歳で老衰で死んだので「ご卒業おめでとうございます」みたいなことですし、
これで介護も終止符を打ちます。「嘆き」も「悲哀」も全然ない。ただ涙が出ま
す。

型どおりに「ご愁傷様でした」と言われると、ポローッと涙が出てきます。
それはこういう時の儀礼の言葉さ、それは他人の葬式に行ったときの自分でわか
るじゃないか、と承知しているのだけど...。

涙には、生きる力を湧き出させる力がある。

そう思っていますので、涙が出たらもうけもの、身内の葬式となればこれ幸い、
天下無敵だ。涙で言葉を詰まらせていれば、面倒なあいさつもしないで済む。

涙は、喪失があったときの、天の与えたもうた恵み。
涙は、いったんすべてをクリヤーしてくれる。

自分だけ泣いていてももったいないから、通夜の式場で、父が苦学し、戦争を生
き延び、戦後自分の家庭を維持することに全力を挙げ、老いていった一代を紹介
するプレゼンをやりました。たくさん、泣かせてやった。

 

戦後、私が子どもの頃、泣かせる映画が多かったです。テレビがまだない時代で
す。「3本立。3倍泣けます」なんて広告がありました。

戦争でたくさん死んだ。家が焼かれた。頼っていた国が瓦解した。
そこで流した涙が戦後復興のエネルギーになったし、押さえ込まれた涙が職場や
学校のガンバリズムになったのだと思います。

ミッチャーリッヒというドイツの精神医学者が、「失われた悲哀」という本で、
ドイツでナチズムが興ったのは、第一次大戦での敗戦を悲哀として受け止めきれ
なかったからだ、と言っていました。本質をついていると思います。

泣けない人間たちが、無理の多い社会を作ります。

子どもはよく泣きます。
子どもが泣くことができなかったら、たいへんな悲劇です。子どもは無力で、い
ろんな力に翻弄されて生きています。何かあればいつも涙でクリヤーしているか
ら、いつも新たな力が湧き出ています。

学校は、泣くことを抑圧するところです。
だから、学校での出来事を処理しきれない子どもがたくさん出ます。

不登校の子どもたちは泣かない。我慢している。ついに動けなくなる。どんな理
不尽があったのか、本人にもわからない。わからないまま、壁を殴って穴をあけ
る。

もし自分に文才があったら、自分が出会った不登校の子どもたちのことを小説に
書いてやる。涙すら流せない子どもたちのことを描いてやる。日本中の涙を絞り
取ってやる、と時々思います。でも、こればかりは、思ったくらいではどうにも
ならない。もしも、天からのインスピレーションのようなものがやってきたら、
非才を顧みないことにしよう、とは思っています。

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket