文字を教えるなら

古山です。

(これ、なんとなく浮かんできた詩です)

もしも文字を教えるなら

こどもに、心のこもった手紙を書こう

きょうたべたプリン、おいしかったね

とか

サンタクロースは、いまトナカイにえほんをよんであげているよ

なんて

読めない字があった、言ってね。声にするから
こどもが読めたとき、ほめたりはしないよ

できたかできないか気にする先生は、どこかに行って
何歳だからこれくらい、はどこかに行って
だって、わたしと子どもは同じ時間に生きているから

 

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket