教育のための原則

古山です。

子どもたちは、永遠の世界からやってくる知恵のようなものは持っていますが、
この世界のことはまだ知りません。この世界のことに関しては、大人たちの支援
が必要になっています。その支援が教育というものだと思います。

教育のための原則があるとしたら、こんなものだと思います。

自分の知りたいこと、やってみたいことを大事にしてね。

こんなおもしろいことあるよ。

これ、便利だよ。

これ、きれいだねえ。

これは、自由にいじっていいよ。

わからないことがあったら、聞いてね。

しくじったときは助けるから、安心してね。

 

教育は、子どもたちに対して、課題を与えては達成を評価することではないと思
います。人類の文化遺産に子どもたちが出会って、それをどう使いこなし、どう
新たなものを付け加えていくかなのだと思います。

教育の中で、新しい見方、感じ方、使い方が生まれ、そこで育った人たちが新し
い社会を築いていくのだと思います。

*************************
古山明男

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket